FC2ブログ

過去問を解いた感想

だいぶ涼しくなってまいりました。
インフルエンザがはやっているようですが、感染しないように気をつけましょう。


前回の記事であげた学校の過去問をやってみての感想です。(算数・理科です)

難しかったのが桐蔭学園の問題ですね、年度にもよりますが。
算数、理科ともに問題文をしっかり読んで、よく考えて解答するようにしましょう。特に理科はオーソドックス問題と思って問題文をちゃんと読まないと間違えてしまします。与えられたデータ・資料を基に考える問題があり、この種の問題は慎重に考えて解く必要があります。この種の思考問題の演習が不可欠でしょう。
算数は麻布中で出題されるようなボリュームのある問題も散見されます。しかし問題文が長いからといって、難しい問題とは限らないので、落ち着いて文章を読んで、落ち着いて考えて、正確に答えましょう。解いてみると意外に易しいこともあります。この傾向は麻布中の問題にもあてはまります。

日本女子大付属中の問題は、塾で与えられたテキストの問題をまんべんなくやっていれば解答できる問題が多いと思います。ただ、算数・理科ともに、問題量が多いので、速く正確に問題を解いていく処理能力を身につける必要がありそうです。
算数の1行問題は、よく見るような問題なのですが、ひとひねりされている場合もあり、あなどれません。
理科の星座の問題は、夏・冬の星空がそのままでてきても、どこにどの星・星座があるのか、すぐわかるようにしておくといいでしょう。星を結ぶ線がかかれていないことが多いです。電池の問題は、直列回路、並列回路を自分でしっかり書くことができるようにしておきましょう。よく出題されています。
物質の状態変化に関する記述・思考問題もよく出題されていますが、わりとオーソドックスですので、標準的な問題を数多くこなしておくといいでしょう。
また、「A、Bはア、イのどちらですか?」というような問題で、A=ア、B=アということも
けっこうあります。A=アだからといってB=イと短絡的にやってしまわないように気をつけましょう。
よく考えて答えましょう。

と、今回はこんなところでしょうか?上の2校を受験される方は、よかったら参考にしてみてください。
プロフィール

算数楽館

Author:算数楽館
中学受験算数の個別指導塾です。小田急線百合ヶ丘駅徒歩1分。
神奈川県川崎市麻生区にあります。
塾のホームページは下のリンクから

リンク
  • 算数楽館公式ホームページ
  • 1:1数学個別塾
  • 管理画面
  • 最新コメント
    ツイッター
    Facebookページ
    カテゴリ
    訪問者数
    最新記事
    ブログランキング
    にほんブログ村 受験ブログへ
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード