FC2ブログ

渋谷教育学園渋谷中 算数と理科を解きました

この学校を志望している生徒がいて、本人の希望があり、一緒に問題を解いていきました。

2009年の算数、2008年の理科を解きました。


算数は、他の年度も見ましたが、数の性質と立体の切断がよく出ている印象を受けました。

テキストで演習する難問プラスαで対策するといいと思います。似たような問題を出す学校

の問題を解くといいと思います。東邦大東邦、攻玉社、高輪、早稲田実業などが思い浮かびました。


2009年の算数

 計算問題。今日はやらなかったのでわかりませんが、ミスしてはいけないでしょう。


 1行問題。簡単なものも含まれている。数の性質が難しい。数の性質の難しい1行問題に

 慣れておきましょう。もしくは数の性質に深入りせず他を確実に得点しましょう。


 オーソドックスな比の問題を組み合わせた問題。落ち着いてやればすぐにできます。

 ここは確実に得点するべきところ。


 立体の切断。これが難しい。数ある立方体の切断の問題にあたっていないとできません。

 立方体をいくつか組み合わせて切断する問題はよくあるので慣れておくといいでしょう。

 記号問題などもあるので、わずかでも得点しておきたいところ。


 規則性・数の性質。奇数の和と平方数関連。(1)、(2)はじっくりやればできると思います。

 ここでしっかり得点しましょう。(3)は2400番目と2600番目なんていう数字が出てくるのですが、

 いずれも平方数の前後。49×49=2401、51×51=2601  都合良くできていますので、

 これに気が付ければいいのですが。私は試している最中に気がつきました。いろいろ試行錯誤

 していきましょう。


2008年度 理科


 力学

 ばねの問題は落ち着いて考えればできるでしょう。地球の遠心力や無重力状態・慣性の法則などを

考えさせる問題がありました。物理的現象とその根底にある法則をしっかりつかんでおきましょう。


溶解度と浮力の融合問題。物質が水に溶けるしくみ、物体が水に浮くという現象を奥深くまで問う問題。

かなり深くまで学習していないと対応できないでしょう。この問題も現象と理由をしっかりと押さえておきましょう。


磁性細菌について

これは文章を読んで内容を読み取って答えさせる問題。とりあえず、なにかしら書きましょう。他の単元の知識を

有機的に組み合わせて記述する問題は他校でもあるでしょう。やっておきましょう。出題者うけしそうな回答・記述をひねり出せるようになればいいのですが・・・。似たような思考・記述問題を経験しておくことでしょう。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

算数楽館

Author:算数楽館
中学受験算数の個別指導塾です。小田急線百合ヶ丘駅徒歩1分。
神奈川県川崎市麻生区にあります。
塾のホームページは下のリンクから

リンク
  • 算数楽館公式ホームページ
  • 1:1数学個別塾
  • 管理画面
  • 最新コメント
    ツイッター
    Facebookページ
    カテゴリ
    訪問者数
    最新記事
    ブログランキング
    にほんブログ村 受験ブログへ
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード